AD_pwcスーパーワイド2層目

「損失と損害」基金設立で合意 COP27が成果文書採択し閉幕

6日からエジプトで開かれていた国連気候変動枠組み条約の第27回締約国会議(COP27)が20日、会期を2日延長した末、「シャルム・エル・シェイク実施計画」などの成果文書を採択し閉幕した。最大の焦点だった適応の範囲を超えて発生する「損失と損害」の資金支援では、特に脆弱な途上国を対象とした基金を設立することで合意した。一方、パリ協定の「1・5℃」目標の達成に向けた排出削減の強化など緩和の野心向上については進展が見られず、もう一つの大きな焦点だった「緩和緊急拡大作業計画」も新たな目標を課さないとされるなど、実効性に乏しい骨抜きの内容にとどまった。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り85%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。