AD_pwcスーパーワイド2層目

「防衛国債」発行へ「GX債」決定が〝火に油〟 共に償還は先送り、財源は「CP」と「PP」

脱炭素社会の実現を目指す政府のGX(グリーントランスフォーメーション)実行会議が11月29日、20兆円規模の「GX経済移行債(仮称)」の償還を10年間先送りしたことが、GDP比2%への増額への財源として「防衛国債(仮称)」の発行を求める自民党内の大合唱の〝火に油〟を注いでいる。防衛国債を「平和移行債」に改め、償還財源を「カーボンプライシング(CP)」を参考に「ピースプライシング(PP)」にすることも一案だ。(小峰純)

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り91%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。