AD_pwcスーパーワイド2層目

メタン発酵残さ肥料の提供で農業リサイクルループ推進 Jバイオフードリサイクル

JFEエンジニアリングのグループ会社であるJバイオフードリサイクル(横浜市)は22年9月に発酵液および発酵液脱水汚泥を農林水産省の普通肥料に登録し、このほど本格的な肥料提供を開始した。従来メタン発酵残さの処理には固液分離後、液体は排水処理、固体は焼却処分する必要があり、多くのエネルギーを使用し、CO2発生量も多く、環境負荷面が課題だった。今回これらを肥料利用することにより、従来の焼却処理が不要となり、CO2削減による環境負荷低減に寄与する。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り67%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。