AD_pwcスーパーワイド2層目

中国、処理水海洋放出で「方針転換」か 中国水産業に打撃、日本「風評被害」なし

東京電力は5日、福島第1原発処理水の2回目の放出を始めた。猛反発していた中国はここへ来て、日中関係悪化による経済低迷加速や「水産物離れ」による中国の水産業への打撃を受け、「中止要求」から「効果的かつ権威ある国際的な調査による問題解決」に方針転換する動きを見せている。日本国内では官民挙げた福島県産を含む水産物の消費拡大の動きが広がり、中国のいわれなき暴挙をはねのけつつある。(小峰純)

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り91%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。