AD_pwcスーパーワイド2層目

LIB材料量産に参入 クボタ

クボタはこのほど、リチウムイオン二次電池(LIB)の負極材料として使用するチタンニオブ複合酸化物の量産を2024年末に開始し、電池材料市場に参入すると発表した。脱炭素化が各国で推進され、電気自動車(EV)などに使用されるLIBの需要拡大が見込まれるなか、小型化大容量化、急速充電性、長寿命化など、さらなる性能向上が求められていることに応える。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り65%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。