AD_pwcスーパーワイド2層目

再生資源のトレーサビリティシステム開発を本格開始 アミタHDがMEGURU STATIONで

アミタホールディングスは22年11月発表の事業ビジョンの実現に向けた「ブロックチェーン技術を用いたサプライチェーン上のデータ記録・流通および資源分別の高度化検証」を計画しており、その一環としてこのほど資源回収ステーションで回収した資源のマテリアルフローを可視化するシステムの開発を開始した。23年度中に、メーカー複数社とともに同システムの有用性評価を行い、サーキュラーマテリアル(循環資源)の積極活用を推進する予定だ。

再生資源のトレーサビリティシステム開発を本格開始 アミタHDがMEGURU STATIONで_「MEGURU PLATFORM」のイメージ
「MEGURU PLATFORM」のイメージ

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り86%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。