AD_pwcスーパーワイド2層目

東京ガス、SCREEN グリーン水素の高速量産化技術を確立

東京ガスとSCREENホールディングスは3月15日、グリーン水素を低コストで製造する水電解用CCM(触媒層付き電解質膜)の高速量産化技術を確立したと発表した。電極面積800平方センチメートル超のサイズで電解効率83%以上の目標を達成した。水電解システムメーカーの需要帯である5千平方センチメートルサイズの2025年度での量産化を目指してさらに拡大させる。量産化設備の早期構築も見込む。

ロールtoロール方式で用いられる触媒塗工技術(左)と、800平方センチメートルサイズの水電解CCM
ロールtoロール方式で用いられる触媒塗工技術(左)と、800平方センチメートルサイズの水電解CCM

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り56%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。