AD_pwcスーパーワイド2層目

財政審建議 排取制度の着実な導入を GX経済移行債の償還財源確保で

財政制度等審議会(財務相の諮問機関、会長=十倉雅和経団連会長)は5月29日、「歴史的転換における財政」に関する建議をまとめ、鈴木俊一財務相に提出した。それによると、主な環境関係では、GX経済移行債の発行で調達される20兆円規模の投資について、温室効果ガス(GHG)の排出抑制に効果的でない施策に使われることがないよう、使途の明確化や投資効果の検証・開示にしっかり取り組むとともに、カーボンプライシング(CP)による償還財源の確保状況もよく注視していく必要があるとしている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り79%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。