AD_pwcスーパーワイド2層目

PFOSとPFOAの健康影響 TDIを各20ナノグラムに設定 食品安全委部会が初の評価書案

内閣府食品安全委員会の作業部会は26日、発がん性が指摘されている有機フッ素化合物(PFAS)の健康影響に関する初の評価書案をまとめた。それによると、3つの対象物質のうち、PFOSとPFOAについて、動物試験の結果から算出した指標値として、人が一生涯にわたり食品から摂取し続けても健康に影響が出ないと推定される「耐容1日摂取量(TDI)」を、体重1キロ当たりそれぞれ20ナノグラムと設定している。PFHxSについては、評価を行う十分な知見が得られていないため、TDIの算出は困難としている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り70%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。