CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

新春インタビュー/新たな体制で進める土壌環境施策の現状と展望 環境省水・大気環境局環境管理課環境汚染対策室長 鈴木 清彦氏に聞く

土対法 関係者から意見聴取し次年度に点検等へ
「難しい」制度への対応も

土壌・地下水環境行政を取り巻く状況を見ると、間もなく施行から5年目を迎える土壌汚染対策法の見直しの動きや、有機フッ素化合物(PFAS)に対する土壌・地下水分野での対応等に大きな関心が集まっている。昨年7月には省内で大きな組織改編があり、水環境・大気環境・土壌環境を一元的に管理する体制が強化された。土壌環境施策は今後、どう変化していくのか。環境省水・大気環境局環境管理課環境汚染対策室の鈴木清彦室長に現状や展望等について聞いた。(エコビジネスライター・名古屋悟)

新春インタビュー/新たな体制で進める土壌環境施策の現状と展望 環境省水・大気環境局環境管理課環境汚染対策室長 鈴木 清彦氏に聞く 土対法 関係者から意見聴取し次年度に点検等へ 「難しい」制度への対応も_環境省水・大気環境局環境管理課環境汚染対策室長 鈴木清彦氏に聞く
環境省水・大気環境局環境管理課環境汚染対策室長 鈴木清彦氏に聞く

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り86%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。