AD_pwcスーパーワイド2層目

衆議院、GX推進法案を修正可決 “CP”念頭に「施策のあり方検討」明記

衆議院は3月30日の本会議で、GX推進法案(脱炭素成長型経済構造への円滑な移行の推進に関する法律案)を賛成多数で修正可決した。修正点として、カーボンプライシング(CP)を念頭に、法律の施行後2年以内に政府が法制上の措置を講ずるに当たっては、関連施策のあり方についての検討も行うことを明記した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り93%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。