AD_pwcスーパーワイド2層目

最終氷期以降の日本列島の気候・環境変動と人類の応答(6/11)

日本学術会議シンポジウム_最終氷期
日本学術会議シンポジウム_最終氷期

今よりも暖かかった12万年前の最終間氷期を過ぎると、地球は最終氷期と呼ばれる寒冷な気候に移行しました。ヒト(現生人類)は、この最終氷期にアフリカを離れユーラシアへ、またオセアニアや南北アメリカに広く拡散していきます。日本列島には3万8千年前にヒトが生活していたことがわかっています。最近の十数年間に、古気候、古環境や人類・考古の研究は大きく進展し、多くの新しい発見がありました。本シンポジウムは、人類はどのように気候変動や環境変動に応答し現在に至ったかを、日本列島を中心に古気候、古海洋、人類、考古の各専門分野の最前線で活躍する人たちが、最新の研究成果とともに紹介します。

イベント詳細

日時

2023-6-11(日)開催

13:00~17:20

場所

オンライン開催(事務局主会場:島根大学)

主催

日本学術会議 地球惑星科学委員会国際連携分科会、地球・人間圏分科会

共催・後援

共催:日本第四紀学会、島根大学エスチュアリー研究センター 後援:日本旧石器学会、日本人類学会、地球環境史学会、日本考古学協会 <国際基礎科学年2022関連事業>

定員

参加無料 500人

お問い合わせ先

連絡先:齋藤文紀(日本学術会議連携会員、島根大学エスチュアリー研究センター特任教授、ysaito@soc.shiamne-u.ac.jp

参加申し込みフォーム