CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

東風西風とうふうせいふう

風邪を早く治す特効薬はない。体を温め、栄養と水分を補給し、何より睡眠と休養を十分にとることが大切。そうと分かっていても、仕事が忙しく休めないと、つい薬に頼ってしまう。ただ、薬は熱やのどの痛みといった風邪の症状を和らげるだけで、原因となるウイルスを死滅させるものではない▼肺炎などの細菌感染症の治療に抗菌薬(抗生物質)が使われるが、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染症には効かない。この点を多くの人は誤解しているようだ。国立国際医療研究センター病院の「抗菌薬意識調査レポート2022」によると、抗菌薬が「かぜに効く」との問いに「間違っていると思う」と正しく回答した人は約25%で、不正解が約45%いる。ここ数年、この認識は変わらないという▼こうした抗菌薬への誤った認識、使い方が薬剤耐性を持つ細菌を増加させる原因となっている。薬剤耐性菌が体内で増えると、抗菌薬が効きにくくなる。重症化しやすく、死に至る可能性もある▼薬剤耐性菌の感染は世界規模で拡大している。パンデミックの発生も懸念される中、蔓延を防ぐ対策として、本号で特集している下水疫学調査の活用が期待されている。感染症対策に欠かせない社会インフラとして実装を急ぐべきだ。(宜)