CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

横浜国立大学大学院 小林 剛 准教授に聞く 環境リスクの評価・低減から見た土壌・地下水汚染対策の課題

土壌汚染対策法が施行されてから20年が経つなか、今後、次期改正に向けた動きも本格化していくものと見られる。その改正に向け、環境リスクの効率的な評価・低減技術を研究する研究者は土対法および土壌汚染対策の課題をどう見ているのか。横浜国立大学大学院の小林剛准教授に話を聞いた。

この記事は
会員限定です。

続きは会員登録(無料)
するとお読みいただけます