CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

環境省×大成建設スペシャル対談 「2050年カーボンニュートラル(CN)へ向けて」●和田 氏(環境次官)× 相川 氏(大成建設)

「ZEB」は民生・需要CNのエースバッター

●出席者 和田篤也 氏(環境事務次官)× 相川善郎 氏(大成建設代表取締役社長)
〈司会〉環境新聞社 小峰純

2050年のカーボンニュートラル(CN、炭素の実質排出ゼロ)へ向け、政府として「地域循環共生圏」構築を目指す環境省の和田篤也事務次官と自民党に「早期に建築物のZEB化を実現する提言」をした大成建設の相川善郎社長が対談した。ほとんど手つかずの既築建築物のZEB化や地方自治体など地域との連携の重要性で一致した。和田氏は、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を民生・需要分野のエースバッターと位置づけ、大成建設の建築物ライフサイクル全体でのCO2削減にも大きな期待を寄せた。

対談 「2050年カーボンニュートラル(CN)へ向けて」 ●出席者 和田篤也 氏(環境事務次官) × 相川善郎 氏(大成建設代表取締役社長)  〈司会〉環境新聞社 小峰純 「ZEB」は民生・需要CNの_環境事務次官室で対談する和田氏と相川氏
環境事務次官室で対談する和田氏と相川氏

この記事は
会員限定です。

続きは会員登録(無料)
するとお読みいただけます