AD_pwcスーパーワイド2層目

PVリボーン協会、1周年記念式典で発表 廃棄太陽光パネルを分解抽出した原材料で、新規パネルの試作に成功(リボーンパネルと命名)

PVリボーン協会、新見ソーラーカンパニー、タミヤ製作所は7月31日、世界で初めて、廃棄太陽光パネルから「佐久本式ソーラーパネル熱分解装置」によって抽出した原材料(板状のガラス、太陽電池セル、インターコネクタ)を使用し、新規パネルを試作することに成功したと、今月8日の協会1周年記念式典で発表した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り69%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。