AD_pwcスーパーワイド2層目

エネ利用の推進など追記 食リ法の基本方針改定で 中環審が答申

中央環境審議会(環境相の諮問機関)は16日、食品リサイクル法の食品循環資源の再生利用等の促進に関する基本方針の改定について、環境相に答申した。政府の規制改革実施計画に対応したもので、それによると、基本方針に追記することが適当な内容として、①エネルギー利用の推進②焼却・埋め立ての削減目標③食品関連事業者以外の者からの食品廃棄物の削減の重要性――などを挙げている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り79%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。