CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

2024年の土壌・地下水環境ビジネス展望 エコビジネスライター 名古屋 悟 中小事業者対策、脱炭素化の視点がポイントに

注目される東京都の中小規模事業者土壌汚染対策支援

土壌汚染対策法施行から20年が経過した中、土壌・地下水環境ビジネスを巡る動きは法施行後に浮き彫りになった課題に対応するための法改正、経済環境などによって変化してきた。現在も社会的関心を集めている有機フッ素化合物(PFAS)などの新たな課題への対応が注目を集めているほか、社会状況によって今後もトレンドは変わっていく。新たな規制物質への対応はもちろんだが、脱炭素化をはじめとした持続可能な開発目標(SDGs)達成の視点、少子高齢化や急激な物価高騰等の影響をもろに受けて厳しい経営環境を強いられている中小事業者への視点などが大きなポイントになるのではないかと考えている。関連する動向等を踏まえ、今後の土壌・地下水環境ビジネスの方向性を考えてみた。

2024年の土壌・地下水環境ビジネス展望 エコビジネスライター 名古屋 悟 中小事業者対策、脱炭素化の視点がポイントに 注目される東京都の中小規模事業者土壌汚染対策支援_図 東京都の中小事業者土壌汚染対策支援(東京都資料より)
図 東京都の中小事業者土壌汚染対策支援(東京都資料より)

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り91%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。