AD_pwcスーパーワイド2層目

自動車核に持続可能社会を モビリティに関する懇談会で強調

岸田文雄首相は2日に官邸で開催した「モビリティに関する懇談会」で、脱炭素化など社会課題の解決と成長を両立させるためにも、強靱で先進的な自動車産業がグローバルな事業展開の中核として、わが国に存在していくことが重要と指摘し、「自動車を核として持続可能な社会をつくっていく」考えを強調した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り79%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。