CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

CCS、包括的な法制化で方針案 経産省 貯留権創設やモニタリング義務など 海洋汚染防止法との関係整理も

経済産業省は6日、炭素回収・貯留(CCS)の包括的な法制化の方針案を、同日、オンライン併用により同省で開いた総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)と産業構造審議会(同)の有識者小委員会の合同会議で示した。それによると、CO2の貯留を行う区域を独占的かつ排他的に使用できる貯留権を創設し、その取得を経産相の許可制とするほか、貯留されたCO2のモニタリングを事業者に義務付ける。

CCS、包括的な法制化で方針案 経産省 貯留権創設やモニタリング義務など 海洋汚染防止法との関係整理も_CO2の貯留に適した地層構造(経産省資料より)
CO2の貯留に適した地層構造(経産省資料より)

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り82%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。