CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

「デジタル環境債」の発行で協業 日立製作所、JPX総研、野村證券など データの透明性向上、収集効率化へ

日立製作所、JPX総研、野村證券およびBOOSTRY(東京都千代田区)の4社は16日、IoTやブロックチェーン基盤などのデジタル技術を用いた、日立によるデジタル環境債の発行に向けて協業すると発表した。デジタル環境債とは、グリーン投資に関連したデータの透明性の向上やデータ収集の効率化を目指す債券。日立とJPX総研が開発した環境改善効果をタイムリーに参照できるグリーン・トラッキング・ハブに加え、BOOSTRYが提供するブロックチェーン基盤を活用した社債型セキュリティ・トークン(デジタル債)のスキームを活用する。デジタル環境債の発行は、日本取引所グループに続き、国内で2例目となる。4社は今後も、同スキームを活用したデジタル環境債の発行を促し、多くの発行体や投資家が利用可能とすることで、社会全体のカーボンニュートラル(CN)実現に貢献していく方針。

「デジタル環境債」の発行で協業 日立製作所、JPX総研、野村證券など データの透明性向上、収集効率化へ_デジタル環境債のスキームイメージ
デジタル環境債のスキームイメージ

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り73%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。