CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

参加者の声 清菱 代表取締役(兵庫県産業資源循環協会理事兼支部長) 小林 昌代 さん

周りを巻き込み魅力ある女性部協議会にしてほしい

――全国女性部協議会に入会したきっかけ、理由は。

兵庫県女性部会立ち上げ前の2017年から女性限定施設見学会を実施していました。女性限定としたのは、親会の施設見学の参加者割合が90%以上男性で、私も何度か参加した時に「なんか女子参加しにくいなぁ…」と思い「じゃあ女性限定施設見学をすれば良い!」と思ったことからです。「私だったらこうしたいな!」「あそこ行きたいな!」が実現できるのがとても楽しく共感を得られていました。今の全国女性部協議会も同じで思い立ったら即行動&実現ができる体制がとても素晴らしいと思います。ジェンダーフリーな時代にあえて女性部会の名前で活動していますが、そもそも女性も男性も分け隔てなく存在している協会なので、たまたま女性会員が参加するきっかけがなかっただけなので、この「全国女性部協議会」がまさに今、「きっかけ」となって皆さんが参加しやすい会だと思います。

――これまで参加した事業は。

13年の「e―Ladyのつどい」から、全国大会の度につどいには参加しました。施設見学も18年の兵庫での全国大会の際に、大栄環境様へアテンドしました。

――参加しての感想は。

初めて参加した13年は、この業界にこんなに女性の方々が存在していることに驚きました。兵庫県から武本世話人と2人で参加だったので、結構意気込み強く構える感じで参加したのを覚えています。「関西代表なのでヒョウ柄で行こ!」とか(笑)。それからは、参加の度に皆さんの取り組みについて細かく内容を伺ったり、「ソレ!それ知りたかってん!」という本質的な内容も聞けたりして勉強になっています。また、他都市の方と交流を深めることができて市町村での違いも発見でき、毎回楽しみにしています。

――女性部会の意義、あり方などについて思うことは。

まず、この業界にこんなにも女性の方が携わっていて皆さん知識豊富の上、実行力があることが素晴らしいと思いました。SDGsという言葉が世界に浸透する前からこの業界は環境に配慮し寄り添った活動をしているので、今のこの波に乗って女性の方々に興味を持ってもらい、自社や自身のライフスタイルに影響を持たらす女性部会になればと思います。

――今後全国女性部協議会に期待することは。

まだまだ業界女性陣が多数おられると思いますので、その方々を引き付け、周りを巻き込みながら魅力ある女性部協議会にしてほしいです。

参加者の声 清菱 代表取締役(兵庫県産業資源循環協会理事兼支部長)  小林 昌代 さん 周りを巻き込み魅力ある女性部協議会にしてほしい_清菱代表取締役(兵庫県産業資源循環協会理事兼支部長) 小林昌代さん
清菱代表取締役(兵庫県産業資源循環協会理事兼支部長) 小林昌代さん