CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

浮体式洋上風力最大で952ギガワット 自然エネ財団 国内ポテンシャルを初試算

自然エネルギー財団は14日、風況・水深などを踏まえ日本で初めて浮体式洋上風力発電のポテンシャルを評価し、比較的深い水深300メートル未満の領海と排他的経済水域(EEZ、200海里)を含めた広さで最大952ギガワットに達すると試算した。実施しやすい領海内と接続水域内の開発でも500ギガワット以上が見込めるため、早期の案件形成が求められるなどと述べた。

浮体式洋上風力最大で952ギガワット 自然エネ財団 国内ポテンシャルを初試算_緑丸枠は条件を満たす10カ所の海域。赤枠は海域までの送電線のみ設置すれば地域間連携の増強を考慮する必要がないエリア
緑丸枠は条件を満たす10カ所の海域。赤枠は海域までの送電線のみ設置すれば地域間連携の増強を考慮する必要がないエリア

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り73%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。