AD_pwcスーパーワイド2層目

森林土のCO2放出測定 北海道大など4機関 分光計速を野外に応用

北海道大学など4機関の研究グループは、森林に光ファイバーケーブルと小型分光機などで構成する分析装置を差し込むことでCO2放出速度や有機物の組成を素早く推定する手法を開発した。これまで室内分析で多用されてきた分光計測を野外観察に応用した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り80%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。