AD_pwcスーパーワイド2層目

秋田県に見る新しい官民連携事業のかたち 県・市町村と民間による広域補完組織設立へ 秋田県建設部下水道マネジメント推進課課長 近藤 雅

秋田県の生活排水処理事業の課題について

秋田県の人口は、1956年の135万人をピークに減少に転じ、2022年には93万人まで減少した。また、国立社会保障・人口問題研究所公表の「日本の地域別将来推計人口(18年推計)」における45年の推計人口は60・2万人とされており、現在の県人口の年齢構成から見てさらに減少が進むことは確実な状況である。

秋田県に見る新しい官民連携事業のかたち 県・市町村と民間による広域補完組織設立へ 人口減少の危機意識共有し事業運営基盤を強化 秋田県建設部下水道マネジメント推進課課長 近藤 雅_秋田県建設部下水道マネジメント推進課課長 近藤雅
秋田県建設部下水道マネジメント推進課課長 近藤雅

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り93%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。