AD_pwcスーパーワイド2層目

絵でみるクローズドシステム処分場

新しい最終処分場である「クローズドシステム(CS)処分場」の着工件数が年々増加し、その優位性が明らかになりつつあるため、自治体関係者を中心に正確な知識と情報が求められています。本書は、CS処分場に関する国内唯一の団体である同研究会が、その基本的事項を解説し、供用中の施設などを分かりやすく紹介しています。

【内容】第一部「クローズドシステムとは」=▽クローズドシステム処分場のコンセプト▽クローズドシステム処分場の計画・設計から建設、維持管理、跡地利用まで▽クローズドシステム処分場の応用事例。第二部「クローズドシステム処分事例」

【編著】花嶋正孝福岡県リサイクル総合研究センター長、古市徹北海道大学大学院工学研究科教授・監修

クローズドシステム処分場開発研究会・編著

【体裁】B5判、183ページ

【定価】3,850円(税込・送料別)

"