CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

自民党下水道議連 上下水道一体での予算確保を 下水道事業の推進へ決議

自民党の下水道事業促進議員連盟は12日、党本部で総会を開催し、「下水道事業の強力な推進に関する決議」を全会一致で採択した(写真)。同決議では、下水汚泥資源の肥料利用を集中的に支援する制度の創設や、国の責務として老朽化対策に対する必要な予算を確保すること、水道整備・管理行政の国交省への移管にあたり、国交省のこれまでの予算に水道予算を上乗せした形で必要十分な予算を確保することなど計7項目が盛り込まれている。

自民党下水道議連 上下水道一体での予算確保を 下水道事業の推進へ決議_

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り80%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。