CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

東風西風 とうふうせいふう

東京・葛飾で創業百年を迎える老舗玩具メーカー、タカラトミーの生み出したロボットが月面に到達した。無限の宇宙や月、未来世界のロボットに子供達の空想をいざない双方向で育んだ日本の玩具技術が、とうとうそれ自身、夢の舞台へ現実に上がった▼JAXA、タカラトミーなどの4者で開発した変形型月面探査ロボ「SORA―Q(ソラキュー)」ら2基が他の小型月着陸実証機を間近で撮影・画像送信した。これが記録ずくめの成功で、日本初の月面探査ロボとなっただけでなく完全自動かつ複数台による同時探査を成し遂げいずれも世界を先駆けた。タカラトミーは「ゾイド」「トランスフォーマー」といった往年の変形トイの技術を結集。かつて手垢をつけたメカが月にのぼった気分か、ネット上のコメントも弾んだ▼宇宙と距離が近づくにつれ環境意識はより自分事になる。SDGsやエシカルで行動し、失われゆく自然と資源の総体をとらえ心を砕く若者の視座は地球という限界をどうやらすでに超え出ている。いっそ宇宙ネイティブの子供達の空想は一体どこを飛び交うのか。タカラトミーは「挑戦の大切さ、夢と希望で自分の未来を創り出す力を信じる」よう願う。果てしない未来を駆り立て結実するはずの子供達の夢だ。(潤)