CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

東風西風とうふうせいふう

最近大手企業で、ライバル企業による環境分野での協業が目立つ。日用品メーカーの花王とラインは20年9月にプラスチック包装容器資源循環型社会に向けた連携を発表。つめかえパックのフィルム容器のリサイクルに取り組んできた。その成果の第1弾として、使用済みの容器を再び同じ種類の容器に戻す水平リサイクルによる再生材料を一部に使用したつめかえパックを初めて製品化。それぞれの製品に採用し、今月29日から数量限定で販売する▼また、大手飲料メーカーではサントリーとコカ・コーラがペットボトルの「ボトルtoボトル」水平リサイクルの普及・啓発を図り共同での広告展開を実施。G7広島サミットに合わせ、各地の交通・屋外広告などを展開している▼こうした競合企業の連携は、以前では考えられなかったことだ。これはSDGs、カーボンニュートラルなどが注目されるなか、1社では解決できない環境問題という地球規模の課題に対し、本気で取り組むという企業の決意の表れと言える▼今後環境問題に挑むには競合、さらには動脈・静脈を超えた連携が必要不可欠だ。共同広告に掲げられたフレーズは、「誰よりも同じ未来を見つめる存在。それが、ライバルってこと」。まさにこの精神が求められている。(心)