CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

東風西風とうふうせいふう

産業廃棄物処理、資源循環業界の全国組織である全国産業資源循環連合会には青年部協議会があり、今後の業界を担う若い世代の経営層らが活動を行っている。最近では青年部活動を経験した後、連合会傘下である各都道府県の産業資源循環協会の会長に就任するケースも増えている▼そして、今月18日にはいよいよ女性部協議会が発足する。青年部が全47都道府県協会に存在するのに対し、女性部がある協会は全体の半数にも満たない。そうした中で、全産連関東地域協議会女性部会の二木玲子会長ら有志が立ち上がり、「まず全国組織を作ってそこから各地域に活動を広げて行こう」という逆転の発想で、全国女性部協議会の発足に踏み切った▼最近では女性経営者や女性社員の活躍も目立ち始めたが、業界全体で見るとまだまだ圧倒的に男性が多く、女性が働きやすい環境が整っている会社はごくわずかというのが実情だ。全国女性部のメンバーは、そうした状況を改善し、女性が生き生きと働ける環境整備を実現することを目指している▼サーキュラーエコノミーの担い手としても期待されるこれからの資源循環業界に、女性目線は不可欠だ。全国女性部の活動が、これから業界にどんな新風を巻き起こしてくれるか、とても楽しみだ。(心)