AD_pwcスーパーワイド2層目

「技能五輪国際大会」とは

80の国と地域の組織が加盟するNGO「ワールドスキルズインターナショナル(WSI)」が1950年から2年に1度開催している、世界の若手技術者がその技能を競う国際競技大会だ。その種目数は約60。溶接、板金、旋盤、重機整備、製造プラントの設計・管理(メカトロニクス)、左官、理容、調理、看護、ウェブデザインなど、あらゆる分野に及ぶ。若手技術者の育成という目的もあるため、参加資格は満22歳以下(水技術は25歳以下)に限られている。また、同大会はオリンピックと同様に時代の変化に合わせて新たな競技種目が追加されており、近年追加されたものには再生可能エネルギーやクラウドコンピューティング、3Dデジタルゲームアートなどがある。競技種目「水技術」も、2019年のロシア・カザン大会から追加された。

この記事は
会員限定です。

続きは会員登録(無料)
するとお読みいただけます