AD_pwcスーパーワイド2層目

「アジア太平洋・脱炭素共栄圏」始動 日本主導で水素・アンモニア、CCUS

日本主導でアジア各国の脱炭素化を目指す「アジア・ゼロエミッション共同体(AZEC)」の初の閣僚級会合が4日、東京都内で開かれた。ミャンマーを除く東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、豪州の計11カ国が参加した。相互信頼が欠けている中国は不参加。いわば「アジア太平洋・脱炭素共栄圏」構想が始動した。CO2を発生しない燃料である水素やアンモニア、排出されたCO2を回収・利用・貯留するCCUSの技術開発などで協力するとした共同声明を採択した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り84%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。