AD_pwcスーパーワイド2層目

ブルーカーボンのための栄養塩類能動的管理と下水道の役割 「下水道ブルーカーボン構想」 ジャパンブルーエコノミー技術研究組合など

下水道ブルーカーボンプロジェクト発足の背景と狙い

下水道はこれまでに貢献してきた公共用水域の水質保全だけではなく、その役割の多様性が志向されるようになっている。新たな役割の代表例として、下水道の主たる放流先である海域に対して、持続可能な水産活動が育める「豊かな海」への貢献も期待されている。

ブルーカーボンのための栄養塩類能動的管理と下水道の役割 「下水道ブルーカーボン構想」 海への貢献と脱炭素への貢献を同時に実現 ジャパンブルーエコノミー技術研究組合JBE/ジャパンブルーエコノミー推進研_図1 「下水道ブルーカーボン構想」の概要
図1 「下水道ブルーカーボン構想」の概要

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り96%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。