AD_pwcスーパーワイド2層目

「水素ファクトリー」7月に発足 意思決定を迅速化 トヨタ自動車

トヨタ自動車は5月31日、燃料電池・水素関連商品の商品開発と生産を加速させるため専任組織である「水素ファクトリー」を7月1日に設置すると発表した。組織をワンリーダーで徹底し全プロセスを一気通貫で担うことで関連事業におけるスピーディーな意思決定と実行力を実現させる。発足当初のプレジデントとしてトヨタシステムサプライクルマ開発センターパワトレ企画システム開発領域統括部長などを現任する山形光正氏が着く。

この記事は
会員限定です。

続きは会員登録(無料)
するとお読みいただけます