AD_pwcスーパーワイド2層目

DRで再エネ出力制御を回避 NTTデータ、中部電などが共同研究

NTTデータ、中部電力、中部電力パワーグリッドの3社は8月22日、再生可能エネルギーの出力制御を回避し最大限利用するためディマンド・リスポンス(DR)の仕組みを構築する共同研究を開始した。EVやヒートポンプ、蓄電池などの分散型エネルギーリソース(DER)を充電する夕方から翌朝の需要について再エネ発電量が大きい昼間にシフトさせることで出力制御を回避することを目指す。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り62%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。