AD_pwcスーパーワイド2層目

生物多様性クレジット創出でサステナクラフトと共同研究 東京海上アセマネ

東京海上アセットマネジメント(TMAM)は1日、自然資本テックのサステナクラフト(東京都千代田区)と、生態系への影響を貨幣価値など他の物と置き換えられるよう定量化する生物多様性クレジットの創出に関して共同研究を始めると発表した。協働でクレジットの創出に必要となるベースライン(対照する現状維持のシナリオ)を推計する他、価値が認められる追加性のある取り組みやMRV(モニタリング、報告、検証)といった枠組みを研究する。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り54%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。