AD_pwcスーパーワイド2層目

EEZでも洋上風力促進、30年1千万kWへ 政府、3月に再エネ海域利用法改正案提出

政府は3月上旬、洋上風力発電の導入拡大へ向け、再生可能エネルギー海域利用法の改正案を今通常国会に提出する。現行法は、領海が適用対象範囲だが、改正案では面積が世界6位の排他的経済水域(EEZ)に洋上風力を設置できる制度を創設する。また領海内では洋上風力の「促進区域」指定の際に、国が必要な調査を行う仕組みも創設する。法案提出へ向け、環境省は13日に開いた中央環境審議会小委員会で、EEZでは、環境影響評価(環境アセスメント)の初期段階で行う「配慮書」手続きを不要とする方針を示し、了承された。政府は2030年までに陸上含め1千万キロワットの案件形成を掲げている。

EEZでも洋上風力促進、30年1千万kWへ 政府、3月に再エネ海域利用法改正案提出_洋上風力発電事業に係る環境配慮のイメージ(案)
洋上風力発電事業に係る環境配慮のイメージ(案)

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り79%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。