AD_pwcスーパーワイド2層目

21年度産廃不法投棄は107件、3・7万㌧ 環境省が公表

環境省はこのほど、21年度に新たに判明した産業廃棄物の不法投棄および不適正処理事案の状況、年度末時点の残存量等の調結果を取りまとめ公表した。

新たに判明した不法投棄事案は、不法投棄件数107件(前年度139件)、不法投棄量3・7万㌧(前年度5・1万㌧)、新たに判明した不適正処理事案は、不適正処理件数131件(前年度182件)、不適正処理量9・4万㌧(前年度8・6万㌧)となった。21年度末における不法投棄等の残存事案は、残存件数2822件(前年度2782件)、残存量1547・1万㌧(前年度1567・4万㌧)。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り51%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。