AD_pwcスーパーワイド2層目

廃プラのガス化で水素製造 名古屋港近郊の設備を活用

2050年のカーボンニュートラル実現に向け、国内資源を活用した水素の供給が重要となっているが、岩谷産業、豊田通商および日揮ホールディングスの3社は12日、廃プラスチックのガス化設備を活用した低炭素水素の製造について、愛知県名古屋港の近郊で協業を検討する基本合意書を締結したと発表した。廃プラのガス化で製造する水素のサプライチェーン構築を目指すもの。今回の締結により、早期に基本設計業務を開始し、20年代中頃を目標に水素の製造を開始する予定。水素の製造能力は年間1・1万㌧、廃プラの回収量は同8万㌧としている。また、天然ガスからの水素の製造と比べ、温室効果ガスの排出量を85%削減できるとしている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り71%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。