CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

ブルーボンド発行 下水道整備に30億円 千葉市、自治体初

千葉市は11月24日、海洋環境保全対策に充てるブルーボンドを国内の自治体で初めて発行すると発表した。発行額は30億円。資金は下水道施設・設備の整備に使う。12月の発行を予定しており、三菱UFJモルガン・スタンレー証券とみずほ証券が販売する。購入の最小単位は1千万円で、償還期間は10年。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り66%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。