AD_pwcスーパーワイド2層目

森ビル 営農型太陽光発電 荒廃農地を活用し運転開始

森ビルは13日、農業と太陽光発電を同時に行う「営農型太陽光発電所」の初弾となる「森ビル筑西市桑山営農型太陽光発電所」(茨城県)を運転開始した。敷地面積は約1・9ヘクタール。設置した設備により年間約280万キロワット時の発電量を見込む。電力はオフサイトPPA方式で虎ノ門ヒルズ森タワー(東京都港区)に供給する。荒廃リスクを抱えていた農地を活用し一般家庭670世帯相当の電力量を発電する。

森ビル 営農型太陽光発電 荒廃農地を活用し運転開始_プロジェクトのスキーム
プロジェクトのスキーム

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り69%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。