AD_pwcスーパーワイド2層目

野菜残渣を再エネに 富士見工場で本格利用

カゴメは、「カゴメトマトジュース」や「野菜生活100」などの飲料製品の生産や飲料の原材料むけに生野菜を加工している富士見工場(長野県富士見町)で今月から、同工場の野菜の残渣や工場隣にある八ヶ岳みらい菜園の出荷できないトマト等を、再生可能エネルギーとして本格利用する。これにより同工場のCO2排出量を年間約20㌧削減できる見込み。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り70%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。