CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

生分解プラ 深海でも分解 東京大学など6者が解明 

東京大学など6者は1月26日、深海で生分解性プラスチックが多様な微生物により分解されることを世界で初めて明らかにした。深海の新たな分解微生物も多数発見。それらが世界中のさまざまな海底堆積物に存在することも突き止めた。分解が実証された生分解性プラスチックは世界中のいずれの海域においても分解されると考えられ、プラスチック海洋汚染問題の解決につながると期待する。

C:\Users\win74\Desktop\企画・記事関係\240129産総研生分解プラ深海分解\240202sansouken.jpg_ 生分解プラ 深海でも分解 東京大学など6者が解明 

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り72%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。