CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

新トップに聞く ◎ 水ing代表取締役社長 大汐 信光 氏 「水ing流街づくり」で地域に貢献 ウォーターPPPは事業拡大の好機

水ingは今年度から、新しい中期経営計画をスタートした。その陣頭指揮をとるのが、6月に社長に就任した大汐信光氏だ。大汐氏は、同社の独自方針「水ing流街づくり」で地域が抱える課題解決に貢献していきたいと抱負を述べた。新たな官民連携方式として注目されるウォーターPPPについては、さらなる事業拡大の好機と捉え、グループ一丸となって取り組むと強調した。

新トップに聞く ◎ 水ing代表取締役社長  大汐 信光 氏 「水ing流街づくり」で地域に貢献 ウォーターPPPは事業拡大の好機_水ing代表取締役社長 大汐信光氏
水ing代表取締役社長 大汐信光氏

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り91%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。