AD_pwcスーパーワイド2層目

GX国債の投資戦略「くらし」は2兆円 水素など16分野に13兆円の投資決定 GX実行会議 残り7兆円は改めて検討

政府は18日、脱炭素を促進するために発行する「GX(グリーントランスフォーメーション)経済移行債」を活用した16分野、13兆円の投資戦略を明らかにした。政府は20兆円の支援枠を用意しており、残り7兆円については、対象分野などを改めて検討していく。政府は今後10年間で官民合わせて150兆円超の投資が必要と試算。そのうち20兆円をGX債で調達する。返済には化石燃料への賦課金など「カーボンプライシング(炭素課金)」を活用する。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り90%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。