AD_pwcスーパーワイド2層目

自然エネルギー財団 北~東日本で送電容量12ギガワット不足と指摘 自然エネ100%の場合  

太陽光発電などで製造した水素を活用しほぼ全ての電力供給を賄ういわゆる「自然エネルギー100%」を目指している自然エネルギー財団は7日、専門家を交えた「送電網研究会」の結果を公表した。仮に自然エネルギー100%としたシナリオの場合、送電網の容量は北海道~東京の送電会社エリア間で少なくとも12ギガワット程度の増強が必要などと指摘した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り69%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。