CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

最新施設紹介 バイオス小牧 食品廃棄物をメタン発酵し発電 容器入り食品や飲料入りペットボトルも処理可能

電気と肥料のWリサイクルループ構想

食品リサイクル法により、食品メーカー、小売店、飲食店の排出事業者は、食品廃棄物の再利用が促されている。中間処理業者も、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)開始後は食品廃棄物をメタン発酵させて発電、売電する事業が進んでいる。その最新例として今年2月に稼働開始したバイオス小牧(0568・48・2208)を紹介する。

最新施設紹介  バイオス小牧 食品廃棄物をメタン発酵し発電 容器入り食品や飲料入りペットボトルも処理可能 電気と肥料のWリサイクルループ構想_施設全景
施設全景

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り86%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。