AD_pwcスーパーワイド2層目

炭素賦課金28年、排取有償化33年に導入 GX国債20兆円の投資先「ロードマップ」も

西村康稔GX推進担当相(経済産業相)は明日22日、首相官邸で開くGX実行会議で炭素税を改めた「炭素賦課金」を2028年度頃、排出量取引で火力発電事業者に課す排出枠の有償化を33年度頃に導入するカーボンプライシング(CP、炭素の価格付け)構想などを報告する。政府は同構想を正式決定する。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り92%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。