AD_pwcスーパーワイド2層目

環境大臣賞 京都府舞鶴市立 大浦小学校 児童発信の大浦未来学が住民を動かす

若狭湾国定公園に指定された大浦半島一帯を校区に持つ同校では、恵まれた自然を生かした活動を行っている。長年取り組むのが、住民とペットボトルなどのごみを回収する「クリーン作戦」だ。近年は、漂着ごみに加え、マイクロプラスチックも目立ち、地場産業の漁業に悪影響を及ぼすようになった。

環境大臣賞 京都府舞鶴市立 大浦小学校 児童発信の大浦未来学が住民を動かす_漂着ごみからマイクロプラスチックを取り出す作業
漂着ごみからマイクロプラスチックを取り出す作業

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り67%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。