CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

三井住友信託銀、インフラ運営業務を受託 予防保全でコスト抑える

ニッキン

【ニッキンオンライン 20231019日配信】

 三井住友信託銀行は1019日、国土交通省と一体でインフラ運営のPPP(官民連携)・PFI(民間資金を活用した社会資本整備)を形成する「官民連携モデリング」に関する業務の受託を発表した。前もってメンテナンスを行う予防保全の官民連携スキームを導入し、インフラ施設の維持管理コストを抑える狙い。

三井住友銀

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り64%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。